忍者ブログ

よだれの垂れる北海道かにグルメへのご招待

NINJA TOOLS に8月14日に設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北海道かにグルメ (8)

お店の水槽で動いている、生きているタラバガニは、茹でたものと甲羅の色がずいぶん違います。

この紫がかった濃い色の甲羅が、 茹でると鮮やかな朱赤 になります。

加熱されていないので、甲羅や殻の部分が黒味がかった濃い紫です。

タラバガニの味噌は、冷めると一気に味が落ちますが、あたたかいうちなら味噌も美味しく召し上がっていただけます。

茹でてすぐに召し上がらない場合は、甲羅の中をホースなどで水を強く出し、内臓を洗い流してから茹でます。

沸騰させた海水程度の塩加減の湯で、甲羅を下にして、湯がかぶるように落し蓋などをして茹でますが、 茹で時間は、大きさにもよりますが、オスの1.5kg前後のもので、30分ほど。 メスでは45分ほどを目安になさって下さい。甲羅の中を洗い流さない場合は、もう10分ほど時間を伸ばしてください。

茹でて召し上がるほかに、足の部分をバーベキューのように直火で焼いて召し上がっても、香ばしい香りといっそう濃い甘味がお口いっぱいに広がります。 焼きすぎると、パサついた感じになります。

うまい「茹でカニ」を食べるなら右欄のリンクで「北海道かにグルメ」をクリックして豊富な商品のカタログをご覧ください。「全額返還保証付き」ですよ。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
snack7
年齢:
79
性別:
男性
誕生日:
1938/01/01
職業:
年金生活者
趣味:
dixieland jazz を聴くこと
自己紹介:
関西の大手私立大学独文卒業後、JALのスチュワードに就職。パーサーにもなったものの7年で退社。元の独文修士課程に戻り、終了後短大等でドイツ語非常勤講師。しかし真摯に勉強する学生を求め予備校英語講師に転向し、そのまま定年を迎え、現在は在宅。

バーコード

Copyright ©  -- よだれの垂れる北海道かにグルメへのご招待 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ