忍者ブログ

よだれの垂れる北海道かにグルメへのご招待

NINJA TOOLS に8月14日に設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北海道かにグルメ (18)

物を数える時の単位はそれぞれありますが、蟹の場合 なんて数えるのでしょうか?か?

家庭や地域で違うようですが、

「1匹・1尾・1杯・1盃・1枚・1つ・1個」 

微妙ですが全部正解です!

「タラバガニ」(鱈場蟹)の半身(足脚)は片側で、「1肩」と言います。

辞書では、1匹、1杯、が正解です。

1杯って言うと1皿1盛と勘違いして数匹出てきそうですが、1杯 = 1匹 です。

北海道では、そう言います。他地区は、どうなんでしょう?

「毛蟹」の場合、水産業界では、「ボイル」4kg7尾とか、「活」5kg10尾、8尾サイズとか「尾数」で呼ぶ事が多いです。

数尾をセットにした箱を1枚と呼ぶ事もあります。

冷凍のカニなら1個、2個でも良いかもしれません。

お店で買う場合でも、1匹でも1尾でも通じますから間違いでは、ありません。無理に合わせなくても、言い易い呼び方で言って下さい。

ただ1杯を、お店の人が「いっぱい=沢山」と勘違いするかも知れませんので、1杯の発音は、「いっ」を強く発音しましょう。



カニを食べるなら、
右欄の「リンク」で「北海道かにグルメ」をクリックし、出てきたページにある北海道の形をした可愛いい赤のロゴを更にクリックなさって、豊富な商品を満足のいくまでご覧ください。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
snack7
年齢:
79
性別:
男性
誕生日:
1938/01/01
職業:
年金生活者
趣味:
dixieland jazz を聴くこと
自己紹介:
関西の大手私立大学独文卒業後、JALのスチュワードに就職。パーサーにもなったものの7年で退社。元の独文修士課程に戻り、終了後短大等でドイツ語非常勤講師。しかし真摯に勉強する学生を求め予備校英語講師に転向し、そのまま定年を迎え、現在は在宅。

バーコード

Copyright ©  -- よだれの垂れる北海道かにグルメへのご招待 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ