忍者ブログ

よだれの垂れる北海道かにグルメへのご招待

NINJA TOOLS に8月14日に設置

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北海道かにグルメ (22)

おいしいカニ!

その中でも「楚蟹」(ずわいがに):別名「越前がに」、「松葉がに」。

丸みを帯びた三角形の甲らにこぶ状の突起があることと、長い足が特徴です。

日本海全域で漁獲されます。中でも石川、福井、兵庫、鳥取の沖合いが主産地で、本場ものとされて高値で出まわります。

旬は冬で、11月~1月頃です。

呼び名が地域によって変わります。北海道・東北地方では「ずわいがに」、関東、北陸、一部の山陰では「越前がに」、丹後半島の西側、関西、一部の山陰では「松葉がに」と呼ばれています。

体が大きく身入りが多いのが特徴で、全国的に人気があります。

甘みの強い身は火に通しても身縮みせずやわらかく「焼き蟹」がお勧めです。

また、その甲らには、かに味噌がたっぷりと詰まっています。「甲羅酒」もグー。

国産品は極端に数が少なく、輸入ものの「おおずわいがに」や、「べにずわいがに」が「ずわいがに」として出回っていますが、「べにずわいがに」は佐渡の名物。

雌は、ずわいがにとは呼ばずに、「せいこ」、「せこ」、「こうばく」などと呼ばれて区別されます。

6~7年で生殖可能になりますが、1年間卵を抱いたあと、脱皮をせずにすぐ次の産卵をするため、雄の半分ぐらいの大きさしかありません。

雄に比べると身入りは少ないのですが、内子(甲らの中に入っている未受精の赤い卵)と外子(腹に抱いている受精した卵)が絶品です。

「香箱かに」という呼び名は、珍味の宝庫であるこの甲らを香りの箱に見立てたものです。

価格は雄に比べると5分の1から10分の1と非常に手頃です。



北海道産カニなら、
右欄の「北海道かにグルメ」を開いてお選び下さい。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
snack7
年齢:
79
性別:
男性
誕生日:
1938/01/01
職業:
年金生活者
趣味:
dixieland jazz を聴くこと
自己紹介:
関西の大手私立大学独文卒業後、JALのスチュワードに就職。パーサーにもなったものの7年で退社。元の独文修士課程に戻り、終了後短大等でドイツ語非常勤講師。しかし真摯に勉強する学生を求め予備校英語講師に転向し、そのまま定年を迎え、現在は在宅。

バーコード

Copyright ©  -- よだれの垂れる北海道かにグルメへのご招待 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ